FUN FIRST 英語プログラム|株式会社ジャイロスコープ

はじめに

私たちジャイロスコープは、2010年の設立以来、
異文化の人同士で友達になる交流の場、「トモダチファクトリー」の絆を世界に広げています。

この動きの中で手掛けている事業が、楽しさ本位の「FUN FIRST 英語プログラム」。
年間200校、14000名の生徒達が、日本全国から参加し、英語で交流する楽しさを体感しています。

この体験をきっかけとして、これら若者が国際人として育ち、
10年後には世界中で活躍していくことを期待してやみません。

トモダチファクトリーとは
トモダチファクトリーは、異文化の人たちと友達になっていくため、ジャイロスコープが提供する様々なプログラムの総称で、特定の場所や施設を表すものではありません。佐世保、首都圏をはじめ全国各地、更には海外にまでトモダチファクトリーの絆が広がっていくことが私たちの願いです。

ミッション

日本で生まれ育った人が、 国際人になるお手伝いをすること。

モットー

Fun First! 楽しいことはまたやりたい、放っておいても伸びていく。

提供するサービス

① 英語が好きになる日帰りプログラム
②日本一楽しい英語キャンプ
③10年後の国際人を育成する取組


弊社の新型コロナウイルスへの対応について

株式会社ジャイロスコープでは、2011年以来、楽しさを追及したユニークな英語のプログラムを世に送り出しており、年間1万人を超えるお客様に参加頂いております。一方、本年に入り、急速に世界中に拡大した新型コロナウイルスは、第一波は国内で峠を越えた模様ですが、今後いつ第二波が襲来するか予断を許さない状況にあります。

弊社の英語プログラムが追求してきた価値、”Fun First”は、外国人との緊密なコンタクトを通じ, 心から楽しめる英語体験を提供するのが主眼です。然しながら、感染防止上の鉄則とされている「三密の回避」とは相いれない面も否めません。不確実な現況において、弊社としましては、安全と安心に裏付けられたFun Firstプログラムを提供できるよう二つの方向から事業の拡充に努めてまいります。今後とも引き続き弊社のプログラムにご愛顧を賜りますようお願い申上げます。

1.事業の拡充方向
・感染リスクを回避するプログラムの改善
・オンライン型のFun First プログラムの導入

2.感染リスクを回避するプログラムの改善
・手洗い、マスク着用、社会的距離の確保など感染防止のための鉄則を日々のプログラムに適用してまいります。
・この取組を「新型コロナウイルス拡大防止への取組方針」として別紙1のように指針として制定しました。今後ハウステンボスで実施する全ての英語プログラムに適用してまいります。

3.オンライン型のFun First プログラムの導入
・私共が対面型で実施している様々なFun Firstプログラムをすべてオンラインで提供できるよう開発し、再び感染が懸念されるような事態に陥った場合でも対面型と同等な体験ができるようバックアッププログラムを整えます。
・英語の授業や課外授業中の生徒に向けネーティブスピーカーの講師がオンラインで指導する新たなプログラムを順次開発してまいります。
・学校団体の希望を聞きながら、個々のプログラムを開発し、2021年9月以降順次運用を開始してまいります。